海の宝石・タカラガイを求めて海岸へ!打ち上げ貝拾い

 タカラガイという分類の貝が掛かることをご存知でしょうか。
およそほとんど耳にしたことがないというお客様が概ねでしょう。
巻き貝の仲間で、背中がドーム状に膨れていてお腹は扁平な見た目、そして陶器のようななめらかなつやをまとった綺麗な貝だ。
背中の模様は分類によって異なり、その鮮やかなな色つや、生来模様に熱烈なマニアが多いのです。
大昔から飾り物や貨幣として扱われており、「貝」のキーワードはタカラガイを等級に生まれた象形コピーだそうです。
 こういう貝は黒潮の人懐っこい海域を生息事柄とやる結果、日本では主に太平洋に面した海岸で狙うことができます。
ただ、年がら年中いつでもというわけにはいかず、主に秋から春にかけての寒い時期に綺麗なときのものを狙うことができます。
そして太平洋立場といってもタカラガイの打ち昇る問題に行かないと、かなり見つけられません。
インターネットで調べて出向くのも良いですが、仮に時間があるなら海岸線をダラダラ散策してみるのも面白いかもしれません。
他と海水浴ロケーションでも打ち上げられていたり行う。誰にも見つかっていないポイントは何だか宝物の山中で、思わず童心に帰って仕舞うくらい魅力的です。
 少し前まで思い切り巨額数字で取引されていた希少な分類のタカラガイも、最近では安価で買えるようになりました。
でも、素足で探し当てたタカラガイのほうが何ダブルも旨みがあると思います。初めて見つけたらそのメリットに気づくでしょう。
冬の海岸はいまひとつ有名がありませんが、おスパンがあれば善悪タカラガイ拾いにでかけて下さい。