圏界面やオゾン階層などについて勉強していた

空気などについて実習しました。日々のウェザーの変化は、対流圏での空気の実行によるものです。空気センターの湯気のほとんどは、対流圏に存在します。対流圏と成層圏との境界を圏界面(または対流圏界面)といいます。その高さは高緯度住所で約8kmですが、赤道近辺では約16kmになります。圏界面をこえると、高さとともに気温は少しずつ上昇し、高度50km近辺で巨大になります。圏界面から、こういう高さまでを成層圏とよびます。成層圏タイミングの高度約20kmから30kmにかけて、オゾンを大勢取り込む層があります。これをオゾン層といいます。成層圏内で気温が高さとともに上昇するのは、オゾンがお日様のUVを吸収するためです。UVはアニマルに有害ですが、その大部分はオゾン層で体得されています。このようなことを覚えましたが、知っていたことや思い出深いなと思ったフレーズが出てきましたが、その逆に知らなかったこともあったので時間があるときに復習したいだ。