五輪を見たり細胞について勉強した

朝から五輪を見ていました。カヌーでメダルをとった個人がいたので、テレビでやっていました。しばらくしてから競泳をやっていたので、見ました。そして、細胞について授業しました。細胞膜は、非常にちっちゃな余地まがたくさんある半透膜で、終始水やちっちゃな溶質が浸透しています。ものの濃度が細胞の内外でことなる場合に、細胞膜を介してものが濃度の厳しい周辺から悪い側に往来されます。これを受動往来といいます。受動往来は頻発であり、高温の補給は必要ありません。細胞の中には水を溶媒として、各種ものが溶けているので、細胞はその濃度に伴う一定の普及圧をもっている。一般に濃度がおっきいほど、普及圧は高くなります。細胞を入れたシーン、細胞膜を介しての見かけ上の水の出入りが無く、細胞の規模にもトランスフォーメーションが見られない液をその細胞の等張液といいます。等張液より普及圧が厳しい溶液を高等液、反対に低い溶液を低張液といいます。勉強になりました。