久しぶりの再会に大はしゃぎのちびっこ

GWにようやく休日が取れた弟が実家に帰省してきた。
そんな弟を待ち受けるのは、我が家のヤンチャざかりの幼稚園児の乳児。
なぜか一向に見当もないけれど、乳児は弟が穴場で帰省してくると「おじ君」を連呼してまとわりついてある。
自称、乳児嫌いの弟もまんざらではないのか、帰るといそいそと乳児へのヘルプを買いに出かけていく。
段々、情熱がついてきて大きくなってきた乳児だけど、まったく調節というものを知らないから私も常に遊んでいて痛い思いをするのだが両親は普通だが、随時帰る弟にはキツかったようだ。
弟がゴロンと寝転んでいると、直ちに上に乗っかってべたーっとくっついて、徹頭徹尾コバンザメのようで見ている方法は笑えて仕舞うが弟は乳児の狭い肘の骨が当たったりして本当に痛かったようだ。
何とかしてくれよーと言われても、普段から私は痛く当たらないように自分で方向を変えたりやるから通知も酷い…。
そして、乳児は弟との再会が心地よくて喜ばしくて甚だ立ち寄りみたいにも、報告も聞けみたいにも弱い。
一先ず、乳児には注意するもののある事はなかった。
こういう今の遭遇を弟の昔に活かしてもらえると嬉しいなぁ…と思っているうちに弟は都会へ帰っていう。
乳児はまた夏場の再会を今から楽しみにしているが、はたして弟はどうなのだろうか…。